商家と奉公人
かつて京都の室町・新町界隈の商家には、常時数多くの奉公人が起居していました。昭和のはじめ頃までは、商家の大半は個人営業か同族会社であり、店によって多少の違いはあるものの、主人(社長)を頂点として、 別家 (ベッケ)一番頭一手代 (スンマ)一丁稚という構成でした。
昭和以前では、子供たちは10歳前後、尋常小学校や高等小学校の卒業を契機に奉公に出るのが通常で、奉公にあがれば、まず丁稚の修行からで、はじめは主人のお供や子守、掃除などの雑用を受け持ち、少し長じると商用の使い走りなどをしました。
こうした丁稚奉公を4〜5年勤めた後、17〜8歳頃になれば手代に昇格します。京都では、手代のことをスンマと称しました。スンマというのは、すみま(角前)が諮ったもので、すみまえがみ(角前髪)の略です。
スンマを数年つとめれば、いよいよ番頭となり、番頭となると羽織を着ることと、腰に煙草入れを吊るすことが許され、店の取引関係の仕事を任されるようになります。そして、番頭を長年勤めあげ、だいたい20歳代後半ぐらいになれば、その中から選ばれた者が別家となります。別家は、主家から暖簾、屋号の他に、若干の資本が与えられて、独立させてもらうことですが、主家と同種同業の営業は不文律として禁じられていました。ちょうど別家となる年齢が結婚適齢期でもあり、別家すると同時に結婚して、夫婦で店を構えるというのが通常でした。
また、別家しない場合には、結婚と同時に住み込みの番頭から通いの番頭として、主家に勤め続けるケースも多く、筆頭番頭格として商才をふるう道もありました。
一方、奥向きの用事に従事する女中さんは、店の奉公とは異なり、京都市中や、近県のお嬢さんが、嫁入り前の見習い奉公に出てくる場合が多かったようです。こうした見習い奉公は、半季(6ヶ月間)であり京都では2月と8月を出替り (デガワリ)といって、半季の奉公人が交替する時期となっていました。

店員たちの松茸狩
店員たちの松茸狩(明治末期・撮影場所不明)

奉公人の休日は、給料日でもあった月に2回の休み日(たいていは1日と15日)と、正月・盆以外にはありませんでしたが、春秋にはそれぞれ、花見や紅葉狩り、松茸狩りなどに店の者全員で出かけるのが習わしでした。こうした春秋の野遊びの歴史は古く、すでに『風土記』にも記されており、江戸時代には、都市近郊部の桜や紅葉の名所が、「名所図絵」など、さまざまに喧伝され、京都においても広く定着した風習でした。
しかし、現在の社員旅行の前身と考えられる、店単位で行われる野遊びについては、明治後期からは写真などで存在を確認できるものの、いつ頃始まったのかは定かではありません。商家の家訓・店則類には、家や店の年中行事を付帯するものも多く、江戸時代の同種の記録類にはそうした記事は見当たらないので、おそらくは明治に入ってからの習俗であったと思われます。
  1. 鳥打帽 明治の中頃から、商人や職人の間で流行しました。また旅行用の帽子としても利用されるようになり、多様な階層の人々に愛用されました。
  2. シャツ 襟がない。
  3. 松茸を焼く 当時、松茸は今ほど貴重なものではなく、あちらこちらの山でたくさん採れました。この写真が撮影された明治後期では、丹波よりも山科の方で良く採れたようです。松茸が終わる頃にはシメジが出るようになるので、「オイヤマやけど行きまひょか」と、誘い合わせて、何人かのグル−プで行くこともあったようです。オイヤマとは松茸狩が済んだ山のことを指し、シメジ狩とほぼ同義で使われました。
  4. 七輪
  5. 道具箱
  6. 茶碗
  7. むしろ
  8. ボテ 「はりぼて」のこと。採った松茸を入れるのに用いました。ボテは、竹か薄い木で編んだかご(長方体)に和紙を貼り付け、その上から渋を塗ったもので、呉服問屋では商品の収納や、運搬の際の入れ物として使用されました。
  9. 袋 道具運搬用か。当時の呉服問屋が使っていた、1辺が1間あまり(約1.8メートル)の商品梱包用の風呂敷か。

おどける奉公人  商品を配達する番頭さん
おどける奉公人
(撮影時期不明・中京区菊水鉾町)
  商品を配達する番頭さん
(大正期か、下京区船鉾町)
別家の祝い  関連企業の親睦会
別家の祝い
(大正9(1920)年)3月・下京区高橋町
主家の2階座敷において、正面の別家した元番頭さんを囲んで、主家の家族や親族が寄り合い行われた別家祝いの宴の様子です。長年の年季奉公を終え、主家から独立を認められると、暖簾や若干の資産を分けてもらい別家となります。別家して店を構えることを「宿這入(やどばいり)」と明治期まで称していました。
  関連企業の親睦会
(大正13(1924)年6月12日・滋賀県瀬田付近)
染色問屋を営む商家が、出入りしていた職人さんたちを連れて、滋賀県瀬田あたいで船遊びをした時のスナップです。出入りの職人さん達で構成される組織がすでにみられ、春秋それぞれ1回の親睦会がおこなわれていたようで、この頃には接待の風習が旅行という形をとっていたと考えられます。
社員教育の講義 社員教育の講義
(昭和12(1937)年7月・中京区玉蔵町)
室町筋の繊維問屋における社内教育の風景を撮影したものです。同店は、昭和12(1937)年に、取締役を校長として社内学校(青年学校)を開設し、黒板にあるように、経済学や商法などを中心に講義を行っていたようです。室町の繊維問屋の多くが、次第に会社組織へと移っていきます。


映像に見る近代京都の生活文化 HOME PAGE