その1

桃山の遺響

桐浴 邦夫

はじめに

茶室は茶の湯のために調えられた施設で、極限にまで小さくした空間に無限の広がりを凝縮した建築です。

いうまでもなく京都は茶の湯の中心で、茶家をはじめ、寺院や町家などに多くの茶室が保存され活用されています。また茶室の考え方やそのデザインは、日本の伝統的な住宅やその他の建築に影響を与えています。数寄屋、あるいは数寄屋風などと呼ばれる建築がそれですが、気づかないうちに私たちの住宅の中にも取り入れられているもので、和風建築や和室といった場合、なにがしかの茶室の影響を受けていることが少なくありません。

今回のシリーズでは、そういった建築の基礎にもなっている茶室の歴史をひもときながら、京都市内に所在するいくつかの茶室を解説していこうと思います。

イメージ
妙喜庵待庵 床正面

 

イメージ
利休大坂屋敷三畳台目の復元 
客座から点前座を見る

作図/筆者

茶の湯のための専用の施設は、室町時代に現れたと考えられています。茶の湯が行われる場所が、会所と呼ばれた大きな座敷をもつ社交施設から四畳半程の小さな空間に移っていき、やがて専用の施設となりました。一方で、庶民の住宅の簡素な形からの系譜も考えられます。八代将軍足利義政が建てた慈照寺(銀閣寺)にある東求堂の同仁斎(どうじんさい)という部屋は、現在でいう茶室とはいえないかも知れませんが、原形の一つとして位置付けられています。

やがて南蛮貿易で繁栄した堺の町衆たちが中心になり、茶の湯を発展させ、それとともに無駄を削ぎ落とした簡素な空間を作り上げていきました。そこに現れたのが豊臣秀吉のブレーン、千利休です。利休は極限の二畳を造りました。亭主(まさにその亭の主)の一畳と客の一畳。これ以上切り詰められない大きさの座敷は、山崎の妙喜庵にある待庵(たいあん)です。他方、利休は客をもてなすことを建築という形で表現しました。大坂屋敷に造られた三畳台目(だいめ)(台目あるいは大目は長さが約3/4の畳)がそれです。客に床の間の前の広い三畳の空間を提供します。一方、亭主は台目畳という小さな畳を使い、客との間を中柱と袖壁(そでかべ)という仕切りで緩やかに区切り、一段低い場所を表現しています。利休は優れた形態を生みだしました。そしてその形をみがきあげたのは、あとに続く茶人たちでした。

さて今回は、桃山の遺響ということで、利休とその直後の時代、またその影響を受けたと考えられる茶室を拝見しましょう。

藪内家燕庵(やぶのうちけえんなん)

藪内家の代表的な茶室燕庵は、古田織部(ふるたおりべ)の好みです。好みとは、その人が直接建てたという意味、そしてその人のデザインで場合によってはのちに建てられたという意味もあります。ここでは以下のような展開がありました。織部は藪内家の流祖剣仲(けんちゅう)の義兄でした。織部は利休の三畳台目に工夫を加え試行錯誤を繰り返していましたが、その中の一つを大坂の陣の前に剣仲に贈ったそうです。はじめ藪内家の下長者町屋敷に建てられ、のちに現在の西本願寺にほど近い現在の屋敷に移築されました。しかし幕末の動乱の中、元治元年(1864)の兵火によって茶室は焼けてしまいました。そこで天保2年(1831)頃に摂津の武田家に建てられた燕庵を忠実に写した茶室を移築しました。それが今の燕庵です。

イメージ
藪内家燕庵外観 茅葺屋根

それでは、燕庵の特徴を見ていきましょう。屋根は茅葺屋根です。茅葺屋根は通常、農村部に建てられる民家に多く見られる形式ですが、茶室の場合、素朴さを表現したものです。客の入口は躙口(にじりぐち)で、その近くには刀掛(かたながけ)が設けられています。小さな入口と刀掛の組合せは、武士でも刀をおいて中に入りなさいという意味、つまり平等を表現しています。内部は三畳台目に相伴席(しょうばんせき)のついたものです。客には三枚の畳、亭主が着席する点前座(てまえざ)は畳一枚に満たない台目畳、つまり客に広い空間を提供し、亭主は狭い空間を使用するのです。亭主の謙虚さ、逆に言うと客をもてなす、ということを形で表現したものです。さらにここでは、相伴席という空間が付加されています。ここはお伴の人が座るところですが、それまでは外で待機していた従者を中に招き入れるという意味と、しかしながら敷居と鴨居で隔てており、空間の上下を区別する武家の礼法に適応したものとの側面があります。また人数の多いときには空間を拡大するという使い方もあります。

床の間は、下座床、すなわち亭主から見て後方に位置する床の間となっています。床柱は手斧(ちょうな)ではつった杉材です。床框(とこがまち)(床の前下部の横木)は黒漆で塗られています。床の間の側面には窓があけられていますが、ここでは壁下地を見せた下地窓(したじまど)に花入れの釘が打たれ、外側に障子が掛けられています。壁の下地を見せることは、草庵の表現です。つまりこの窓は、明かり採りというより、花を見せることを主眼として、あるいは花を生けなくとも床の間の掛物を重視し、その背景としての側壁を粗末に表現する手段として設けられているのです。花明窓(はなあかりまど)ともいいます。はつりの床柱も粗い表現ですが、一方、塗りの床框などは格の高い表現です。それらを併せて見るならば、空間の上位と下位を紛らかしていると考えられます。室内における平等、客のもてなし、武家空間の秩序、などさまざまな意味を発信しているのが、この床の間です。

亭主の座する点前座の勝手付(かってつき)、つまり客とは反対側には、色紙窓(しきしまど)があけられています。上下に違った形の矩形の窓を並べた形式で、日本伝統の色紙散らしのデザインの建築へ応用した形で、織部のオリジナルと考えられています。これは客から見ると亭主の背面にあるもので、点前座を演出する重要な背景となっています。  燕庵は先に紹介した利休の三畳台目を、さらに進化させた形です。織部は茶碗などでは破格のデザインを作り上げたことで知られていますが、建築においては、むしろ一つの形を洗練させることに力を注いでいました。それはやがて、多くの武将たちの茶室に採用されました。のちの時代から見ると茶室のスタンダードともいえるでしょう。

イメージ
藪内家燕庵内部 左が相伴席、右が点前座 袖壁の下が吹き抜けている

写真/公益財団法人藪内燕庵所蔵

高台寺傘亭および時雨亭(こうだいじかさてい)(しぐれてい)

イメージ
傘亭と時雨亭

高台寺は、豊臣秀吉の正室高台院が秀吉の冥福を祈るために建立されました。複数の茶室がありますが、ここではその中の伏見城から移築されたと伝えられている傘亭と時雨亭という二つを案内します。

イメージ
傘亭内部 正面左が上段

 

イメージ
時雨亭二階 
上段から下段に備わった床の間(右)と
茶点所(左)を望む

写真/神崎順一撮影

傘のような姿をしているところから名付けられた傘亭は、もと「安閑窟(あんかんくつ)」と呼ばれていました。内部の束に掛けられた変額にその名を見ることができます。伝承では秀吉の伏見城に千利休が造ったものだと伝えられています。残念ながら現在では確かな証拠がありませんが、その形態や高台寺の成立を考えたとき、信じうる一面をもっていると考えられます。

さて傘亭は、茅葺の宝形造(ほうぎょうづく)りの建物で、内側では竹の垂木(たるき)が上部の一点に集中し、傘を下から見上げたような形態となっています。部屋の中央を南北に渡された丸太の梁(はり)の上に束が立てられ、いささかアクロバティックな構造となっています。間取りは、二間四方で南側に台目二畳の大きさの板間を張り出した一部屋の構成です。入口は西側にあけられ、石敷の土間があり、舟入の形式となっており、かつて池に面して建てられていた名残とも考えられています。北側には畳一畳の上段があります。角に赤松皮付きの柱を立て、床の間のような形式です。しかしここが床の間でないことは、二方の壁面に窓があけられ、軸を掛けるところがないことから明らかです。南に張り出した板敷き部分には竈(くど)と長炉、棚などが設けられています。

傘亭から土間廊下で時雨亭がつながっています。時雨亭は二階建の建物で、一階が勝手で二階部分が上段と下段に分かれています。上段は三方に突き上げの戸があり、大変開放的で、展望を楽しんだことがうかがわれます。下段には床の間に並んで竈の備わった茶立所が設けられており、竹の中柱と袖壁で小さく囲われ、謙虚な構えを見せています。

いずれも素朴な造りであって、自由な茶を楽しんだ空間の表現と読むことができます。

真珠庵庭玉軒(しんじゅあんていぎょくけん)

イメージ
庭玉軒 潜りから室内を望む

イメージ
庭玉軒内部 
床の間とその右脇に給仕口と茶道口が並ぶ

写真/真珠庵所蔵

庭玉軒は、江戸時代初期の茶人金森宗和(かなもりそうわ)によって造られた茶室と伝えられています。しかし別に、他の茶室に手を加えて、宗和好みに改めたという説もあります。いずれにせよ宗和のデザインであった、ということには異論はなさそうです。さてこの茶室は非常に珍しい形態をしています。それは土間をもつ茶室なのです。この土間は内坪(うちつぼ)とも呼ばれます。通常、茶室は躙口や貴人口と呼ばれる出入口から客が座敷に直接上がるのですが、ここでは躙口状の潜(くぐ)りを入るとそこが土間になっています。土間には蹲踞(つくばい)が設置され、座敷との境には引違の腰障子が建てられています。

室内は二畳台目。亭主が着席する点前座は台目畳に中柱が立てられた謙虚な構成で、亭主の入口として太鼓襖(たいこぶすま)が引違に建てられ、それぞれ茶道口(さどうぐち)と給仕口(きゅうじぐち)の役割を持ちます。床の間は下座に構えられ、天井は平天井(ひらてんじょう)と化粧屋根裏天井(けしょうやねうらてんじょう)、落天井(おちてんじょう)の三段の構成になっています。

さてこの土間付の茶室ですが、金森宗和がはじめて造ったということではありませんでした。じつは千利休が土間付の四畳半をつくっていたというのです。今は遺っていませんが、江戸時代に片桐石州らによって記録されていました。土間付の茶室は初期の茶室の形を伝えていると考えられるものなのです。小さな出入口からドマに入り、ユカに上がる形式は庶民の住宅に見られます。茶室には、土壁、壁下地を見せた下地窓、あるいは屋根裏を見せたような天井など、庶民の町家や民家のデザインが応用され、庭玉軒にも採用されています。さらにここでは、ドマとユカという民家の構成そのものが応用されました。

茶室は、庶民の住宅の素朴さを洗練させ、活かしています。やがてそれらは再び住宅建築に還元されますが、その意味で面白い巡り合わせの中に、この茶室は位置付けられます。

(建築史家・京都建築専門学校教員)